即診断

法人向け「office365 Businessシリーズ」 と 個人向け「office365 So lo」 の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
win10_office4_1.jpg

最近では、家電量販店などで並んでいるパソコンでも「Office365」がプリインストールされていることも増えてきて、
その名前もだいぶメジャーな製品となっているかと思います。

ですが、一般向けとして販売されているパソコンの多くには、個人向けの「office365 solo」がセットになっていて、
弊社がおすすめしている「office365 Businessシリーズ」をはじめとする法人向け製品とは違う事をご存じですか?

従来の製品ですと、「office Personal 2013」や「office Home & Business 2013」という製品がございましたが、
こちらに該当するのが、家庭向け製品です。

それなら、家庭向けの「office365 solo」でもいいんじゃないかなと思う方もいらっしゃいますが、
ビジネスでお使いになられるのであれば、デメリットもございますので、簡単にご説明いたします。

法人向け製品と家庭向け製品では、以下の違いがございます。

Office 365 Solo(個人向け)は・・・
【機能】
情報漏えい対策IRM/RMS(Information Rights Management/Rights Management Services:Office文書保護)に対応していません!

情報漏えいが問題になっているこの時代に、対策がされていない製品を業務で使うのはナンセンスですよね!

【利用端末数】
1ライセンスで2端末(Windows PC/Mac)までインストール可能!

家庭向けなら、1ユーザー2台もあれば十分かもしれませんが、業務で使うPCですと、会社用デスクトップ、出張用ノートパソコン、持ち歩き用タブレット、スマートフォンに加えて、テレワークを可能にするなら、ご家庭で使用するPCにもインストールしたいので、2台では足りませんよね。
法人向けのOffice 365ならば、1ユーザーPC5端末までインストール可能です。さらに、タブレット5台、スマートフォン5台にも同一ライセンスでインストール可能です。

【Office for iPad】
iPadでの商用利用(法人業務での利用)ができません!

業務で使うために社員に携帯させているiPadなのに、ExcleやWordが業務で使えないなんて、宝の持ち腐れですよね。

そんな理由から、弊社ではビジネス用途(会社で使用する)パソコンには、法人向けのoffice365をおすすめしています。

ご興味のある方は、お気軽に店頭にてご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*