即診断

Windows用office と Mac用office の互換性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mac_office365.JPG

弊社で販売しているパソコンの多く、99%はWindows向けのパソコンばかりですが、
Apple社のMacをご利用になられているユーザー様もいらっしゃいます。

Macというと十年くらい前までは、デザイナーやクリエイターなど特定用途での使用に特化しているイメージが強く、
一般的な事務用途、特に文書作成には不向きなイメージがございました。

それもひとえに、Windows用では一般的な事務系文書作成ソフトの、
officeソフト(Excel/Wordなど)でもMac専用バージョンがあり、
作製した文書データが、Windows版のofficeソフトと完全互換していないことが一因でした。

例えば、Macで作成/修正したExcelの集計表のファイルをWindowsのパソコンに持っていくと、
マクロやシートのリンクなどが動かなかったり、グラフなどがうまく表示されず、
結局Windowsのパソコンでまたやり直すという事も珍しくありませんでした。

Macは特定用途だけに使うしかないと考えていたユーザー様に朗報です。

Office365を導入されると、MacでもWindowsと同じバージョンのExcel/Wordがお使いいただけますので、
データの互換性がかなり高い確率で得られます。
勿論、互換性だけでなくソフトの操作感も同一ですから、Windowsで慣れ親しんだ操作感そのままMacで操作可能です。

https://products.office.com/ja-jp/mac/microsoft-office-for-mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*