Microsoft Azure

Microsoft Azureについて調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MicrosoftAzurePartnersExtended_960

Microsoft Azureとは、Microsoft社が提供する総合クラウドサービスの名称です。

Microsoft Azureについて

 このサービスを利用すると、従来は自社で用意した設備においてソフトウエアの導入・運用を行っていたものを、ネットワーク、サーバといったインフラからアプリケーション運用までをMicrosoft社に任せることができるようになり、ユーザは限りなくビジネスに専念できるという大きなメリットを得ることができます。そのため、Microsoft Azureには様々な機能が用意されています。Azureの詳しい説明は以下のようになります。

01-get-more-done

特徴1. インフラの提供

 1.インフラの提供:ユーザはMicrosoft Azureが提供する、広帯域のネットワーク、広大なデータストレージ、高速サーバといったインフラを自由に利用することができます。

 このようなインフラをユーザが自前で準備する場合、一番問題になるのがスケーラビリティです。一般消費者向けのシステムを考えてみれば、それの重要性がよく理解できるはずです。24時間365日にわたって大量のアクセスをさばけるインフラを自前で持つなど、とうてい不可能なことです。

 ユーザは、自社のビジネスの発展に応じて必要なインフラパワーを柔軟に得ることができます。

ミドルウェアの提供

 2.ミドルウエアの提供:その上でユーザが希望すれば、OSやデータベース、アプリケーションサーバといったミドルウエアの提供を受けることができます。

 OSはWindows Serverだけではなく、複数種類のLinuxにも対応しています。データベースもSQL Serverのに加え、Oracleも利用できるなど、開発者の細かい要求に応える態勢が準備されてるのは大きな利点となります。
02-open

アプリケーションの提供

 3.アプリケーション実行環境の提供:上記1,2を前提にユーザはアプリケーションの開発と実行に専念することができるようになります。このことがMicrosoft Azure導入の最大のメリットとなります。

 開発者にとって、アプリケーションプログラム以外の要素に注ぐエネルギーを最小にできることは、非常に喜ばしいことです。

 開発言語、環境についても.NETのほか、JavaやPHP、C++あるいはスクリプト系言語であるPython、Rubyに対応するなど最大限の配慮がされています。

多彩なサービスの提供

 4.様々な付帯サービスの提供:システムを実行、運用するのに必要なサービスをMicrosoft Azureから受けることができます。データストレージのバックアップ、ユーザ認証等、必要と思われる機能を自前で準備する必要は全くありません。

 システムを運用する場合には、様々なサービスが必要となります。ユーザは、そのようなシステムにとって本質的ではない部分に削くエネルギーを最小にすることができます。

Microsoft Azureについて、まとめ

 そして、これは直接的に得られるサービスではありませんが、世界的に有名なMicrosoft社が提供するクラウドサービスを利用しているということで、ビジネス上の大きな信頼を得ることができます。Microsoft Azureを利用することにより得られるこの信頼性こそ、実は一番大切なものではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

会社のパソコンなのに、個人用モデル使ってませんか?

業務用パソコンで仕事の効率をアップ。

SSD化したパソコンは本当にサクサク動いてストレスはゼロ!

PCワールドは、業務用パソコンで会社業務を徹底的にサポート致します。SSD化したパソコンというと値段が高いと思われるかもしれませんが、PCワールドの「リノベーションパソコン」は違います。

業務用パソコンを見てみる

コメントを残す

*