デュアルディスプレイをすすめる3つの理由。

パソコンを使って文書作成や動画編集、写真現像といった作業を行っていたり、テレビチューナーを搭載してテレビを見ている場合におすすめできるのがデュアルディスプレイです。デュアルディスプレイとは、1台のパソコンに2台のディスプレイを接続して同時に利用することです。

arrow-1295953_1280

デュアルディスプレイは作業効率が格段にアップする

デュアルディスプレイ おすすめの一つ目の理由は、パソコンで行っている作業が非常に効率的になることです。文書作成では一つのディスプレイに文書作成ソフトを表示させ、もう一つのディスプレイに資料を表示させておくことで資料を見ながら文章を入力することが可能になります。1台のディスプレイで文章入力と資料閲覧を切り替えながら作業を進めることに比べて大幅に手間が省け、時間の短縮になります。また、動画編集や写真現像では元の動画を編集後の動画と同時に再生して編集した部位をチェックしたり、写真のRAWデータと現像後の写真を見比べることが出来るようになるのです。デュアルディスプレイを導入すれば、動画や写真のクオリティアップが期待できます。

米国の調査会社Jon Peddie Researchによれば、マルチディスプレイ環境によって42%の生産性向上が見込まれるという話もあります。(※)

※参照URL:http://www.jonpeddie.com/special/MultDisp.shtml

42%も生産性が向上するのであれば、すべての企業が導入してもおかしくないと思っているが、まだまだ導入していない企業が多いので、一度ご検討してもらいたい内容です。

startup-593296_1280

デュアルディスプレイは会議の時も活躍する

会社などで、複数人でディスプレイを見て内容を議論する場合などもデュアルディスプレイをおすすめする二つ目の理由です。デュアルディスプレイには2台のディスプレイに同じ画面を表示する複製モードがあります。パソコンに接続されてさえいれば2台のディスプレイは自由に配置できるため、ひとつは自分が見る位置に置き、もうひとつは他の人が見やすい位置に置くことで自分と同僚や上司が同時にディスプレイを見て内容について話し合うことが出来るのです。

デュアルディスプレイはテレビやゲームにも使える

また、ビジネス用途だけではなくパソコンをホビー用途で使っている場合がデュアルディスプレイ おすすめの三つ目の理由です。テレビを見る際には2台のディスプレイを一つのディスプレイとして扱う拡張モードを利用することで、大迫力の映像が楽しめます。これはテレビだけではなくDVDやブルーレイで映画を見る場合でも有効です。

さらに、ゲームをプレイする場合は2台のディスプレイを利用するデュアルディスプレイだけでなく、3台以上のディスプレイを同時に利用するマルチモニターもおすすめです。近年のゲームは映像表現が向上し、実写と見間違えるレベルのクオリティになっています。ゲームの内容もまるで映画を見ているような臨場感があり、複数台のディスプレイを使った大画面でプレイすればよりゲームに没頭できます。ゲームを最大限に楽しめるのがマルチモニターにする理由なのです。

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。