Windows10はタブレット向き?それともPC向き?

Windowsの最終モデルと言われているWindows10ですが、タブレットモードがあることで、タブレットなのか、PCなのか扱いに迷う方もおられます。今回は、実際のところ、Windows10はタブレットよりなのか、PCよりなのかをお伝えします。

Windows10のタブレットモードとデスクトップモード

ほとんどの家庭や企業などで使用されているオペレーティングシステムといえばWindowsですが、ユーザにより使いやすいように、パフォーマンスを向上させバージョンアップを繰り返してきました。もうWindows10にまでなり、これまでパソコンでの使用を中心に考えられてきたインターフェースもパソコンなどで使えるデスクトップモードとタブレットモードを備えています。

大きな違いとしては、デスクトップモードはマウスとキーボードを使用したPCで操作するために最適化されたものです。タブレットモードはタブレットなどのタッチ操作に最適化した画面で操作できるモードです。
digital-marketing-1433427_1280

実際のところ、Windows10はPC向き?タブレット向き?

それではWindows10はPC向きなのかタブレット向きなのかその違いを見てみます。最大の違いである操作方法ですが、キーボードで文字入力、マウスで操作するPCとタッチで直接画面で操作するタブレットということになります。

まず、PCとタブレットでは画面の大きさが違います。10インチ以上の大きな画面をもつPCと10インチ前後のタブレットということになります。そのためどのような用途でWindows10を使用するかということによってPC向きなのかタブレット向きなのか変わってくるということになるのです。

例えばネット閲覧を中心に使用し、どこでも手軽に利用したいということであればタブレットということになります。また文字を入力したり表計算を使用するといったことではPCを使用するほうがよいことになります。
PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V

タブレットモードは操作に迷う

これらを考えてWindows10を使用しますが、これまでWindowsを使い続けている人がタブレットモードになると操作に迷うことがあります。まずはじめのスタートメニューがどこにあるのかわからなくて困ってしまうこともあります。タブレットモードの場合はリストボタンを押すと使用できるアプリケーションが表示されます。また右端をスワイプするとアクションセンターが表示されてシステムなどの各種通知を確認することができます。

en-INTL-L-Surface-Pro4-SU3-00001-RM1-mnco

Windows10はデスクトップモードのほうが使いやすくPC向き

従来からあるアプリケーションはデスクトップモードのほうが使いやすいということもあり、ストアアプリはタブレットモードとも言えます。タブレットモードの場合はストアアプリもデスクトップアプリも全画面表示となります。2分割することはできますがウィンドウ表示にしたければデスクトップモードにする必要があります。

これらより基本はデスクトップモードでWindows10 PC向きでとも言えます。現在は2in1のパソコンも増えて、Surfaceproのようなタッチパネル、スタイラスペンなどで直接文字を書き込むことが出来るようなタイプのパソコンが出ていますので、デスクトップ・タブレットモードどちらも活用できるようになってくると思います。

どちらにしても、仕事ではワードやエクセルをたくさん使う機会が多いわけですから、Windows10がPC向けというのはありがたいですね。

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。