Office365のプラン比較。おすすめプランはこれ。

Office365はマイクロソフトが発表した新しいOFFICEソフトです。従来のOFFICEは単体パッケージもしくはボリュームライセンスとして販売されることが多かったのですが、インターネットを利用した新しいOFFICEの使い方を提案すべく用意されたのがOffice365です。

en-US-Office-Mod-E-Business-Is-Better-Office16-356-desktop

改めてOffice365を知りましょう。

パソコンで作業を行う際には、マイクロソフトが提供する、各種ソフトが非常に役に立ちます。個人で使う以外に、業務でも標準的に利用されているソフトですので、導入が必須といえるものです。今ではこれらソフトを利用可能な、Office365というサービスが提供されています。提供開始からしばらく時間が経過していますが、今一度その内容を確かめる意味を込めて、Office365 基本をおさらいしてみましょう。

Office365の基本

Office365はマイクロソフトが提供している、アプリケーションソフトと、クラウドサービスをパックにしたものです。マイクロソフトの各種オフィスソフトである、WordやExcel、PowerPointなどを利用できます。以前のパッケージごとの購入方法だと、DVDからパソコンにソフトをインストールして使い続けるのが普通でしたが、Office365は月額による料金形態です。1年契約などの期間を定めて、一括で支払うこともできます。

インストールはオンライン上で行う。

インストールはDVDではなく、オンラインで実行します。マイクロソフトのアカウントを持っていれば、簡単に利用したいソフトをダウンロードし、インストールを完了させることが可能です。
パッケージごとの購入と大きく違う点が、バージョンアップの際に購入代金を支払う必要がないという部分です。例えば、Word2013からWord2016にバージョンアップする場合、従来だとパッケージを買いなおさなければならない状態でしたが、Office365を利用していれば、無償でバージョンアップが可能になります。この仕組みによって、大幅に導入コストの負担が軽減されます。

REwgwh

セキュリティもよく、どのデバイスでも活用可能

セキュリティ対策としても優秀で、常に安定したソフトの動作を保てるよう、自動的にアップデートがなされています。手間なく快適な状態でソフトを利用できるのが便利です。Office365には、様々なプランが用意されています。Office365 ProPlusやOffice365 Businessを契約すると、1ライセンスで最大15台のデバイスで使うことができます。スマートフォンやタブレット端末でも利用可能です。OSを選ばないのも便利です。WindowsOSだけでなく、MacOSやiOSでも動作するソフトを使えるようになります。Office365には、個人向けのSoloというサービスも存在します。また、クラウドストレージや無料通話ソフト、メールボックスや社内SNSなどの、多彩な機能も用意されています。

プラン構成は多種多様。

Office365はいくつかのプランで用意されており、また、これまでの単体パッケージやボリュームライセンスも併売されており、必要に応じて選ぶことが可能です。Office365 プランは3つのプラン、Essentials、Business、BusinessPremiumから構成されており、月額単価で機能が分かれています。

Office365 プランは利用形態によっておすすめプランが分かれています。OFFICEの新しい形態としてwebでの利用があります。ソフトをインストールすることなく、webブラウザのみでOFFICEを利用出来るプランです。webで利用できるのはEssentialとPremiumプランとなっています。特にEessentialについては月額540円程度でweb版のOFFICEが利用でき、また、HD品質のビデオ会議が利用できるとあって好評です。モバイル環境が多かったり、自宅勤務など幅広い用途での利用が期待されています。

plan

Office365でおすすめなプランはBusiness以上

従来のOFFICEソフトの使い方をしたい場合はBUSINESSがおすすめプランとなります。ソフトをインストールする権利が5台分入っており、PC、マックはもちろんのこと、タブレットやスマートフォンにもインストール可能です。スマートフォン向けのOFFICEはアプリとして用意されており、PCやMacと同等の機能が用意されています。月額900円程度ですが、OFFICEのアップグレードが無料であり、また、オンライン版のOFFICEも利用できることから、社内ではソフトを、社外ではオンライン版を使うなど、OFFICEの使い勝手を優先したプランとも言えます。ただし、HD品質の会議は利用できないのですが、従来のOFFICEを拡張するという意味でもっとも利用が多いプランとなっています。

EssentialとBusinessの両方の機能を兼ね備えたのがPremiumプランです。月額1360円程度ですが、OFFICEソフトもネット版もHD画質のビデオ会議なども利用でき、業務での基盤システムとして利用する企業が増えてきています。特にビデオ会議とOFFICEとの連携が使いやすいことが評価されています。

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。