4Kディスプレイをおすすめする3つの理由

4Kディスプレイが人気になっていますね。今回は、4kディスプレイをおすすめする3つの理由をお伝えいたします。

改めて4Kディスプレイってどういうものなの?

コンピューター端末で採用される液晶ディスプレイは、フルハイビジョンの高解像度の仕様のものも増えています。しかしそのフルハイビジョンの高解像度の液晶ディスプレイを超える、4Kの液晶ディスプレイも普及を始めています。4Kディスプレイの場合は縦横の解像度が通常のフルハイビジョンの液晶ディスプレイの2倍ずつになっています。すなわちそれは全体では四倍の解像度にも達するということなのです。

液晶ディスプレイの解像度が四倍になるということは、決して画面の面積が四倍になるということではありません。同じサイズの液晶ディスプレイでもそこに表示される視覚的な情報量が四倍になるということなのです。視覚情報を同じサイズの液晶ディスプレイの中に四倍も配置できることになるのが、4Kディスプレイを採用するメリットとなります。大量の情報を一つの液晶ディスプレイの中から得られるようになるので作業効率を大きく高められます。4Kディスプレイが必要かどうかを確かめたいのなら、チェックすべきポイントとして画面内の情報量を増やすべきかにも注目するべきなのです。

workstation-405768_1280

4Kディスプレイは作業がしやすくなる

ノートパソコンやデスクトップパソコンなどを使いながらオフィスソフトを使ってビジネスの作業などに取り組むコンピューターユーザーなら、一つの液晶ディスプレイからより多くの情報量を得られることのメリットも感じられる筈です。オフィスソフト単体を起動して、それのみで色々な作業を進められるようなシチュエーションであるのなら、現行で普及しているフルハイビジョンの液晶ディスプレイを使うことでも十分な情報量を得られるかもしれません。しかし複数のウィンドウを開きながら作業を進めたい場合には4Kの液晶ディスプレイのメリットは大きいです。

オフィスソフトで作業するのに必要な情報などをファイルなどから表示した状態で、それを見ながら他のオフィスソフトのウィンドウで作業をすることが可能な情報量が4Kの液晶ディスプレイの魅力なのです。オフィスソフトの使い方がわからない時にブラウザ上に特定の操作方法を表示したり、ショートカットキーの一覧などの情報を表示すれば、より多くの機能をガイド付きで使いこなせるようにもなるのです。

startup-593315_1280

マルチモニター化も抜群に相性がいい

複雑な機能を有しているオフィスソフトのようなソフトウェアを扱う作業の中では、沢山の情報量を表示して扱える高解像度の液晶ディスプレイは魅力的です。しかし液晶ディスプレイを複数用意することでマルチディスプレイ化する選択肢もあります。

デスクトップパソコンなら複数の液晶ディスプレイを用意して、それら全てに別々の画面を表示することが可能です。台数を増やしたいのならグラフィックカードなどを増設して、より多くの液晶ディスプレイを接続することも出来るのです。フルハイビジョン解像度の規格の液晶ディスプレイを複数用意することでも4Kディスプレイの代用になる場合もあります。だからこそ情報量と、使用するコンピューター端末の拡張性や、実際の置き場所などを考慮して必要な環境を揃えるべきです。

dftyguhijoohugyf_TP_V

徹底的に美しいのが間違いない魅力

4Kディスプレイが必要になるのはコンピューターなどでの作業の時だけではありません。コンピューター端末を用いて様々なコンテンツを楽しむ場合にも、高解像度の4K解像度のディスプレイが使える場合があります。フルハイビジョンの四倍の解像度を誇っている4Kの液晶ディスプレイですから、非常に高い密度で高品質な映像を表現することが可能となっています。

4K対応の映像コンテンツは非常に美しいです。それを閲覧したいと思うのであればフルハイビジョンでは難しいのです。一枚では決して表現できないものになってしまいます。しかし一つの液晶ディスプレイで4Kのコンテンツをすべて表示して楽しめる選択肢も有るのです。4Kのコンテンツを必要とするかは重要なチェックポイントなのです。

banner-1165973_1280

デメリットは、まだ対応していないものも多数あり

単純な映像コンテンツではまだまだ4Kのものは少ないです。しかしデスクトップパソコン向けのゲーム系のソフトウェアでは、高品質なものでは4Kでの映像が楽しめます。その分ハードウェアなどへの投資も必要になりますが、とても魅力的な4Kの映像を楽しめるのがパソコンのゲームなのです。この分野に興味が有るのなら、4Kディスプレイの導入は良い選択肢かもしれません。

コンピューター端末で必要になるのが液晶ディスプレイです。この液晶ディスプレイに表示される映像を見ながらコンピューター端末をコントロールするのが普通です。現代人には欠かすことの出来ないアイテムとなっているのがコンピューター端末であり、パソコンやタブレットやスマートフォンなどの様々なシーンで活用する様々な種類のコンピューター端末が有ります。そしてそのコンピューター端末を操作するのに必要な視覚情報をユーザーが得るのが液晶ディスプレイからなのです。

そのコンピューター端末の情報量増加やリッチな映像のための4Kのディスプレイの導入は良い選択肢です。そしてもう一つのチェックすべきポイントはユーザー自身の好奇心です。新しい物を楽しみたいのなら導入がおすすめです。

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。