取引先との大容量データのやり取りに、メールやアップロードサービス以外のよ い方法はないか?


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /var/www/home/pc-world.co.jp/htdocs/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 418

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /var/www/home/pc-world.co.jp/htdocs/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489
20150406_2.png

[お客様] 刈谷市の製造業 Nさま

[相談内容]
・現在、一般的なプロバイダさんのメールホスティングで、POP方式のメールを利用しているけれど、
 添付するデータの容量制限があり、図面データなど大きなものが遅れないので、
 ファイル転送サービスを利用しているのだけれど、ダウンロード期限などがあり先方の受け取るタイミングによってはロスが生じてしまう。

[回答]

これこそまさに、office365の導入により問題解決ができる代表的なカテゴリの事象です。

まず、Exchange online(office365のメールサーバー機能)での1メールの制限容量は150MBですので、
一般的なプロバイダのメールより容量が大きくとられています。
また、メールボックスの容量が50GBと大容量のため、受信するメールが多い方でも容量不足に悩まされることがなくなります。

さらに、office365では
「SharePoint(社内ポータルサイト)」や、「OneDrive for Business(クラウドストレージ)」にアップしたデータを、
社外のかたと共有する機能のご利用が可能になりますので、メールの容量制限を受けず、さらにはメールサーバの容量消費や、
送受信の際に起きる回線圧迫も気にしないでにデータのやり取りが可能です。

また、ご契約のプランによっては、アクセス権限の設定が可能なため、送るデータに期限を設定しておくことや、
送付した後でもアクセス権を解除して閲覧不可能にするなど、データ漏えいを防ぐ観点からも導入される法人様がいらっしゃいます。

弊社で取引のある企業様でも導入がどんどん進んでいて、従来の添付から共有方式でデータを受け取るケースも多くなってきています。

投稿者プロフィール

PCワールド 五十嵐
PCワールド 五十嵐
『ツッコミ』侍 五十嵐 宏規(いがらし ひろき)
ひとつの事に対しツッコミを入れるのがクセ。これで幾度も難問を解決してきました。
資 格:二級パソコン整備士、情報処理検定2級、簿記検定2級
会社のパソコンなのに、個人用モデル使ってませんか? 業務用パソコンで仕事の効率をアップ。 SSD化したパソコンは本当にサクサク動いてストレスはゼロ! PCワールドは、業務用パソコンで会社業務を徹底的にサポート致します。SSD化したパソコンというと値段が高いと思われるかもしれませんが、PCワールドの「リノベーションパソコン」は違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください