安城市 T様(法人)

業務でCADソフトを使っている
ウィンドウズXP搭載パソコンが起動しなくなってしまった。
という症状でお持込いただきました。

診断してみると、
ハードディスクには故障はなく、中のデータも確認できました。
ただ、パソコンのメイン基盤のコンデンサという部品が消耗により、液漏れをし
ていて、これが原因により、症状が起きていました。

メイン基盤のコンデンサの液漏れの場合、
コンデンサを交換することで修理もできますが、

今回は、
別の新しいパソコンへ、元のウィンドウズXPのOS環境を移植する方法を行い
ました。

通常、元のウィンドウズが入ったハードディスクを、別のパソコンに、そのまま
取り付けても、パソコン内の部品構成がかわってしまう為、
ウィンドウズが起動できないこともあるのですが、

色々な調整を行い、前のウィンドウズXPの環境をそのまま、別の新しいパソコ
ンで起動することに成功しました。

その後、元のパソコンと、別の新しいパソコンとの部品構成の差を調整し、
元のウィンドウズXPのOS環境に、もともと存在していた不具合点(空き容量
不足、データの断片化、ソフトウェアのエラー)の処置をしました。

別の新しいパソコンにかわることで、
CADソフトが、以前のように使用できるかが、問題でしたが、
キー(ドングル)も正常に認識し、CADソフトも正常に起動できることを確認
していただきました。

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.