Windows10 で言語バーが無くなった!?

来月に大型のアップデートが予定されているWindows10。
使い始めたばかりの方も、使い込んでいる方も、パソコンの買い替えやアップデートで機能が変更になって不便な思いをされていることがあると思います。

今回ご紹介する機能は 『言語バー』 です。
以前からWindowsXPや7を使っていた方で、あれ?そういえば言語バーってないよね・・・と思った方もいらっしゃると思います。
言語バーとは、言語の設定を簡単に行うためにアイコンをまとめたツールバーで、デスクトップやタスクバーに常駐していました。
Windows10 で言語バーは表示されていませんが、設定の変更で表示させることは可能です。

まず、コントロールパネルを開きます。
コントロールパネルは、スタートメニューから、表示されたアプリの一覧で「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックすると表示された一覧に「コントロールパネル」がありますのでクリックして開いてください。

コントロールパネルにある『時計、言語、および地域』の『言語の追加』をクリックしてください。


すると言語の設定の変更が開くので、左の詳細設定をクリックしてください。

開いたメニューの中で、『入力方式の切り替え』欄に『使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する』という項目にチェックを入れ、保存すれば、デスクトップに言語バーが表示されます。

また、その右側にあるオプションをクリックすると、言語バーの表示オプションが表示されますので、タスクバーに固定するを選択すると、言語バーはタスクバーに表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、Windows10になり無くなったようにみえる機能も、実は使えることがあります。
他にもありますので、またご紹介いたします。

 

 

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同心よりお待ちしております♪

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!