社内情報の共有で業務効率と可用性の向上に!SOHOでもNASの活用をしてみませんか。

業務上でパソコンを使っていると、共通で利用するフォームや見積書/請求書などなど社内でのデータやり取りはどうされていますか?

サーバーやクラウドが導入されている企業様ならば、ファイルサーバーもしくはクラウドスペースを活用されていますが、SOHOなどの小規模の企業様ではいかがでしょうか?
メールに添付して送っていたり、USBメモリで受け渡しをしていては効率が悪くなるだけでなく、送り主と受け取った側で同名のファイルが存在してどちらが最新の状態かわからなくなったりして業務効率がどんどん悪くなりかねません。

そんなときに活用できるのが、ネットワークハードディスク(通称:NAS)。

インターネットに接続しているLANケーブル越しに社内の複数のパソコンで同時に使用することができますので、社内共有のデータ置き場としてファイルの一元化が可能になります。さらに、万が一ご利用のパソコンが壊れた際も、データがNASに保存されていれば慌てることもなく、別のパソコンや新しいパソコンからデータにアクセス可能です。

その他、設定によっては外出先から社内のデータへアクセスすることも可能になるため、「忘れた資料や見積書などを取りに会社に戻らなきゃ」なんてシーンも不要になります。

今回は、
BUFFALO LINKSTATION for SOHO 2ドライブ2TBモデル(1TBx2)
LS220DN0202B ¥34,990(税込)
が入荷しました。

こちらのモデルなら、2ドライブ間でのRAIDにも対応しているので、ミラーリング設定で運用すればディスク故障によるトラブルから守る冗長性も確保できます。

その他、PCワールドでは、IOデータ、Logitech、ELECOMなどのメジャーサプライメーカー品だけでなく、高速なアクセスが可能なQNAPやASUSTORなどの高性能モデルのお取り扱いもございます。

PCワールドでは、専門知識豊富なスタッフが、機器選定などの導入相談から、訪問設置設定まで承っていますので、お気軽にご相談ください。

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!