Win10再インストールは「新たに開始」が便利かも

Windows10の調子が悪い!動作が異常に遅くなった!ウイルスにやられてるかも!
こんな時はWindows10を再インストールするのが、一番手っ取く解決する方法だったりします。
再インストールには、インストール用DVDやUSBメモリなどを作成して再インストールしたり、『設定』メニューで『このPCを初期状態に戻す』を使って初期状態にするのが標準でした。
しかし、Windows10のCreatorsUpdate(バージョン 1703)からWindows Defenderの機能に新たに追加された『新たに開始(フレッシュスタート)機能』を使えば、インストール用DVDやUSBメモリなどを作成しなくても、Windows10を最新の更新バージョンを含めた形の初期状態にできます。
また、前述の『このPCを初期状態に戻す』では、PCをインストールした時点の古い初期状態に戻ってしまうので、更新プログラムが適用されていないWindows10に戻ってしまいます。
『新たに開始』では、更新プログラムが適用された状態のWindows10へ初期化できます。
また、マイドキュメント等の個人データ、一部のWindows設定、ユーザーアカウント等は残ったままで、これ以外はクリーンインストールと同様に初期化されます。
Windows に標準で装備されていないすべてのアプリも削除されます。

このように、ユーザーの個人データとWindowsの設定をそのまま維持しながら、Windowsのクリーンな再インストールと更新を行うことが可能です。
これにより、デバイスの起動時とシャットダウン時の動作、メモリ使用量、Microsoft Store アプリのパフォーマンス、ブラウザーの使用感、バッテリー残量などが改善される可能性があります。

この[新たに開始]の作業手順を下記致します。
まず、[新たに開始] を使用するにあたって、作業をしたら起動しなくなった、フリーズしてどうにもならなくなった、データが消えてしまった等の事態も考えられます。
何よりも必ずデータのバックアップをしてください
IDやパスワード、ソフトのプロダクトキーやライセンスなどを十分に確認してください

問題ないようでしたら、作業を開始します。
「新たに開始」を利用できる条件は、Windows10が起動して、WindowsDefenderセキュリティセンターが起動出来ることです。
PCの調子が悪くて遅くても、Windows10が起動してWindowsDefenderセキュリティセンターが起動できれば、作業を行う事が可能です。
(作業が進まない、フリーズする、起動しなくなったなどの不測の事態は起こりえます)

まずは、[スタート] 、[設定] をクリックして、
開いたウインドウで[更新とセキュリティ] をクリックして、[Windows Defender]をクリック、右のメニューにある[Windows Defender セキュリティセンターを開きます]をクリックします。

上記方法でWindows Defender セキュリティセンターが開きますが、
タスクトレイの「Λ」マークをクリック
盾マーク (Windows Defender セキュリティセンター) をダブルクリックしても、
Windows Defender セキュリティセンターは開きます。

 

 

そのWindows Defender セキュリティセンターのメニューにある
[デバイスのパフォーマンスと正常性] をクリックします。

[新たに開始]のなかにある[追加情報]をクリックしてください。
開いたメニューから、[開始する] をクリックします。
ユーザーアカウント制御が開いた場合は『はい』を選択してください。
すると、青い画面で『新たに開始』が開きますので、
[次へ]をクリックしてください。
次に開いたメニューで削除されるアプリを確認してください。
確認し、問題なければ、[次へ]をクリック。
次の画面で、問題ないことをよく確認してから[開始]をクリックしてください。
作業が始まります。
SSD搭載PCなら1時間以内には作業が完了します。
データが少なかったり、速いPCでは30分以内に終わります。
そのまま待つと、
Windowsが起動します。

ユーザーデータでは、お気に入り、ダウンロード、ドキュメント、ピクチャー、ビデオ、ミュージック、リンク、それぞれのフォルダデータは残っていました。
デスクトップのデータはそのまま残っていますが、『削除されたアプリ』ファイルが追加され、ここで削除されたアプリを確認できます。
また、アプリのショートカットが残っており、データも残っているので起動する可能性はありますが、基本的にアプリは削除されているため、再インストールが必要となります。
また、Wifiの接続設定も残っていました。

作業は以上です。
データはそのまま残っているので安心ですが、この残ったデータに寄生していたウイルスは消えませんので、ご注意ください。

もう一度、この作業を行う前に警告致します。
[新たに開始] を実行すると、アプリのほとんどが削除されます。
[新たに開始] を行う前に、次の重要な点に注意してください。
1.お使いのデバイスで Windows のクリーン インストールを行う前に、ファイルをバックアップすることをお勧めします。
2.[新たに開始] を行うと、Windows に標準で装備されていないすべてのアプリが削除されます。これには Office などの Microsoft アプリや、サード パーティのウイルス対策ソフトウェア、デバイスにプレインストールされていたデスクトップ アプリなどが含まれます。製造元によるアプリ、サポート アプリ、ドライバーなど、デバイスの製造元によりインストールされたその他の Windows のデスクトップ アプリもすべて削除されます。製造元によってインストールされた Microsoft Store アプリのみが維持されます。
3.削除されたアプリを回復することはできません。アプリを使い続ける場合は、それらのアプリを後で手動でインストールする必要があります。
4.アプリやアプリに関連して保持するコンテンツなどを手動で再インストールしてライセンス認証を行うために必要な、すべての再インストール メディア (CD など)、プロダクト キー、ライセンス、ログイン情報、その他の情報がそろっていることを確認します。
5.デジタル ライセンス、アプリに関連するデジタル コンテンツ、アプリに関するその他のデジタル情報が失われる場合があります。これはアプリやアプリに関連して料金を支払ったコンテンツを使用できるかどうかに影響を及ぼす場合があります。
6.システム要件を満たしていることを確認します。詳しくは、「Windows 10 の仕様」をご覧ください。
7.Office 365 を含む新しいデバイスを購入した場合には、Windows のクリーン インストール後の Microsoft Office の再インストールについて、「Office 365 Home、Personal、または University をダウンロードして PC にインストール」をご覧ください。Office 2010 以前のバージョンを使っている場合は、Office のプロダクト キーが必要となります。プロダクト キーを探すヒントについては、「Office 2010 プロダクト キーを見つける」を参照するか、または Office 2007 のプロダクト キーを入力します。

 

この作業で解決されない場合は、クリーンインストールもご検討ください。
弊社サイトの以前にある投稿[Windows10 クリーンインストールについて]
などを参考にして作業を行ってください。
クリーンインストールは完全にデータを削除し、まっさらなWindows10をインストールできます。
また、ハードウエアの故障も考えられますので、故障の場合はクリーンインストールしても仕方ないので、故障個所を特定して修理してください。

調子が悪い、作業が難しいのでお願いしたいなど、お気軽に弊社までご連絡ください。
有償初期診断で原因を探り、修理見積・修理作業や買い替え提案を致します。
ご検討、よろしくお願いいたします。

 

 

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同心よりお待ちしております♪

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!