Quadro P620 入荷しました!

nVidia Quadro P620は、2017年4月に発売された Quadro P600 の上位後継に当たる製品です。
P600からの変更点は、CUDAコアプロセッサがP600の384コアから512コアへ増強、メモリバンド幅がP600の最大64GB/sec から最大80GB/sec になり、グラフィックス性能がP600と比較して最大45%向上(メーカー調べ、SPECviewperf 12.1.1 による比較)しています。

Mini DisplayPort(DisplayPort 1.4 対応)コネクタを4系統搭載し、モニター4画面出力などコンパクトながら柔軟な接続が可能になります。
ロープロファイルに対応なので、スリムタイプのPCでも、4画面表示が可能です。
もちろん通常のATXサイズにも対応するため、通常のタワー型PCにもお使いいただけます。

 

さらに、複数画面を1つの広大なデスクトップ画面として扱うことも可能です。
この設定はNVIDIAコントロールパネルから簡単に設定することができ、マルチディスプレイでの使用環境を強力にサポートします。

シェーダーモデル5.1に準拠し、OpenGL4.5、DirectX12 をサポートします。
既存のアプリケーションの互換性の他、今後リリースされる最新アーキテクチャを利用したアプリケーションにも備えられます。

デザイン性能としては、RGB各色10bitのカラー出力に対応することで約10億6433万色の豊かな発色が可能です(GeForceは8bitで約1677万色)。
これにより、Adobe Photoshop CCなどの対応アプリケーションにおいてリアルで滑らかなグラデーションを実現し、より高いクオリティのデータ加工・編集が可能になります。

一般ゲーム向けのGeForce とは異なり、デザイン、CAD向けに特化したエントリーモデルのグラフィックカードとなります。
今回の性能向上により、3万円以下のエントリークラスQuadro製品で、最も高い性能を発揮します。

店頭にてQuadro P600 ですが、4画面出力をデモしており4画面を1つのデスクトップとして使うnVidia Mosaic の設定を実演しています。
ご検討の方は、ぜひ一度ご覧ください。

ー仕様ー

nVidia Quadro P620  店頭価格 ¥25,990-(税込)
メモリ:2GB GDDR5(128bit)
バス:PCI Express 3.0 x16 インターフェース
最大消費電力:40W
ディスプレイコネクタ:Mini DisplayPort ×4 (DisplayPort ver1.4対応) 最大画面数 4画面
その他搭載機能
HDMI 2.0b サポート(*MiniDP-HDMI 変換コネクタは別途お買い求めください)
NVIDIA High Definition Audio機能
HDCP 2.2 対応

対応OS
Windows® 10* / Windows® 8.1 / Windows® 8 / Windows® 7 / Windows® Server 2016 / Windows® Server 2012 R2 / Windows® Server 2008 R2 / Linux (64bit / 32bit)
* Windows® 10 はバージョン 1511(OSビルド 10586)以降が必要です。
※各 OS 最新のアップデートの適用を推奨
※ 32bit OS 用のドライバは2018 年内でサポート終了の予定です。

外形寸法 154.0mm x 68.9mm x 14.5mm 1スロットサイズ (*ブラケット含まず)
※本製品はATXサイズブラケットを装着して出荷しています。
※ロープロファイルサイズでご利用される場合、添付のブラケットへ交換してご利用願います。

詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同、心よりお待ちしております♪

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!