Adobe Flash Player 脆弱性の修正

Adobe 社より Flash Player の脆弱性情報が公開(18/5/8)されました。
脆弱性を突かれた場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行される恐れがあります。この脆弱性への対応策は、Flash Player を最新のバージョンに更新することです。
また、
・Internet Explorer 11 (Windows 8.1/10)
・Microsoft Edge (Windows 10)
・Google Chrome
はFlash Playerがブラウザに同梱されています。
Internet Explorer11 と Microsoft EdgeはWindowsUpdateの更新プログラムで提供されます。
Google Chromeは、Google Chrome のアップデートにてAdobe Flash Playerも更新されます。

他のブラウザを使用されていたり、Windows7 でInternetExplorerを使用されている場合は、

Adobe Flash Player ダウンロードセンター
https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

より適合している最新版をダウンロードして適応してください。

注意点としては、Internet Explorer 以外のブラウザを使用している場合でも、Internet Explorer 用の Adobe Flash Player は必ず更新してください。
Internet Explorer を使用していなくても、他のソフトがInternet Explorer のAdobe Flash Playerを使用する場合もありますので。

Flash Player とJAVA はインターネットでよく使用されるアドオン・プラグインです。
その為よく脆弱性が狙われ、調子が悪くなったり、最悪の場合は情報漏洩などの原因になります。
特にFlash Playerは、頻繁に脆弱性が発見されるので、更新間隔が短いことが多いです。
必ず最新版にアップデートしてください。

 

 

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同心よりお待ちしております♪

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!