海外とのやり取りでもこれからは、”言葉の壁”が無くなるかも!?

皆様の会社では、海外拠点とのやり取りにはメールをご利用でしょうか?それとも電話などの音声通信をご利用でしょうか?

日本は海外に比べて母国語(日本語)以外の言葉に対する”壁”が高いとよく言われますので、こちらの言いたいことがうまく伝えられなかったり、またその逆もあったりで円滑な業務を遂行する妨げになっていることも多いかもしれません。

巷では、ソースネクスト社の「ポケトーク」という夢のような商品がいろんな所で取り上げられていて、

欲しいけれど、頻繁に使うわけではないので価格がなぁと思っている方に朗報です。

なんとあの、無料音声通話アプリケーション”Skype(スカイプ)”に、
日本語リアルタイム会話翻訳機能 (Skype 翻訳)
が追加されているのをご存知ですか?(2017年4月17日のブログ情報です)

https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2017/04/07/skypetranslator/

1年近く前の更新で追加された機能でしたが、私の周りには残念ながら外国語を話す知り合いがいないので身をもって体験することができませんでしたが、ついに先日実際に使って体験する機会がありました。

正直な感想としては翻訳精度はまだまだ(特にニュアンス的な部分が微妙)かなといった感じでしたが、全然言葉が分からない人同士でも、何となくお互いの言いたいことが伝わるのでコミュニケーションのツールとしてはありかなと思います。

翻訳の仕組みにはMicrosoftのAzureなどでも活用されている、AIやビッグデータを用いているらしいので日に日に精度は上がっていくと思いますので、皆様も是非話のネタとしても一度使ってみてはいかがでしょうか?

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!