Adobe Acrobat・AcrobatReader に脆弱性対策を!

Adobe AcrobatおよびAdobe Acrobat Reader、Adobe Photoshop CCに複数の脆弱性が存在することが報告されました。
この脆弱性が悪用された場合、PDF ファイルを閲覧することで任意のコード(命令)が実行されて、アプリケーションが異常終了したり、攻撃者によりパソコンが制御されてしまうなど、様々な被害が発生する可能性があり、注意が必要です。
以前にもご案内しましたが、それとはまた別の新たな脆弱性です。

アドビシステムズからも、「攻撃対象になるリスクが比較的高い脆弱性」としてアナウンスされており、すでにこの脆弱性を悪用した攻撃が確認されているそうです。
また、この脆弱性を悪用する攻撃コードが、一般に公開されているとの情報もあるようです。
更新されていない場合は、すぐに修正プログラムを適用してください

Adobe Readerは、起動して「ヘルプ」の「アップデートの有無をチェック」で更新確認できます。
Acrobatは、アドビのソフトウエアと製品のアップデートページから、更新が可能です。

脆弱性への対策は、DC以外の旧バージョン(11以前)では行われません。
必ず最新バージョンの、Acrobat DC および Acrobat Reader DCをご利用ください!
企業でも、ご家庭でも、常用されているソフトの一つですので、狙われやすいです。
常に最新版への更新を!

何かご不明な点やご相談等ございましたら、お気軽に店舗までご連絡ください。

 

 

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同心よりお待ちしております♪

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!