公共無線LANの危険性って?

喫茶店やホテル、公共の施設で使える無料の無線LANスポット。
便利だけどセキュリティは大丈夫!?

最近では、多くの場所で無料で使用できる無線LANスポットが増えてきました。
特に、喫茶店、ホテル、公衆浴場や観光施設にも多く普及しています。
ですが、この無線LANスポットはビジネスにおいては使わない方がいいとされています。
これは、無線LANスポットが暗号化していない、又は暗号化レベルが低い場合があるのが原因です。

例えば、暗号化されていない(鍵マークがない、オープンとなっている)ネットワークでは、驚くほど簡単に通信を傍受されてしまいます。
暗号化されていない通信でメールや会員サイト、SNSサイトのパスワードが通信されれば、IDやパスワードは簡単に盗まれてしまいます。
特に、SNSやメールのパスワードは意識していなくても、サイトを見たりソフトを起動するだけで自動的にIDとパスワードを送受信してログインするようになっていることが多く、危険です。
また、もしそのIDやパスワードを使いまわしているとすれば、そのパスワードをもとに通販サイトや銀行口座を勝手に使われてしまう危険すらあります。

暗号化された無線LANスポットだったとしても、その暗号化レベルが低く、多少知っている人なら少し調べれば簡単に傍受できてしまいます。
このことは、WEPという暗号化にその脆弱性があることが知られています。
また、固定の共通パスワードが設定されていて、そのパスワードで無線LANを使用する場合でも、その固定の共通パスワードを使って暗号化を解除できてしまいます。
この為、同じ無線LANにつながっているPCであれば、誰でも通信を傍受できてしまうのです。
このように、無線LANスポットの暗号化は、通信を傍受されてしまう危険性が多くあります。

 

公衆無線LANではHTTPSを使用して通信しているかで安全度が変わる。

例えば、webメールやSNSを運営するほとんどのサイトでは、HTTPSという暗号化される通信を利用してアクセスします。
HTTPSでの通信は、たとえ無線LANが暗号化されていなくても、WebサイトとPC間の通信を暗号化してアクセスするので、傍受のリスクは低減します。
ただし、ビジネスで利用をするにはまだリスクが高いこともご承知おきください。
ビジネス利用においてはVPNという方法もあります。
これは仮想的に専用線を作りだし、暗号化されていないネットワークを利用しても、PCから会社間の通信を暗号化して、情報漏洩を防ぐ手法です。
もちろん、セキュリティの高いプロトコルを使用してVPN設定をすることが大前提です。

 

携帯電話事業者の無線LANはどうなの?

携帯電話事業者が提供する無線LANはリスクが低いです。
これは固定パスワードではなく、利用者ごとや使用しているSIMごとに異なるためです。
この場合は、たとえ同じ無線LANにつないだとしても暗号化された通信の内容を見ることはできません。

 

まとめると、外出先でインターネットをする際は、一番いいのはモバイルwifi、ポケットwifiを用意してきちんとセキュリティを設定して利用すること。
次に、無線LANスポットは有料、会員制などで信用のおけるものにすること。
やむを得ず無料の無線LANスポットを利用する場合はHTTPSの通信で必ず行い、できるだけパスワードが必要なサイトへはアクセスしないこと。
パスワードが必要なアクセスする場合はHTTPSの通信で行うことでリスクを減らせます。

 

以上です。
お困りごとや、ご相談などございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同心よりお待ちしております♪

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!