Windows10 便利なファイルバックアップ機能!

必要なファイルを、間違えて消してしまった!元に戻したい!
ファイルの編集を間違えたのに、誤って上書き保存してしまった!元に戻したい!

このようなことは、ままあることですよね。
こんな時、今までは別売りのファイルバックアップソフトや復元ソフトで対応していました。
しかし!Windows10の便利な機能の一つにファイルのバックアップ機能があります。
この機能を事前に設定しておけば、誤ってファイルを編集したり削除しても簡単に復旧できます!
便利なこの機能、実は標準では無効になっているので、知らない方が意外と多いです。

早速、設定方法をご案内いたします。
まずバックアップの保存先として必要になるのは、外付けハードドライブ、USBフラッシュメモリー、NASなどの記憶装置です。
バックアップ先を接続して準備できたら、
デスクトップ左下の『Windowsマーク』から、『設定』をクリック。
『更新とセキュリティ』から、『バックアップ』を選択してください。

開かれるメニューから『ファイル履歴を使用してバックアップ』にある『ドライブの追加』をクリック。
表示されたドライブから、バックアップ先を選択してください。
設定が有効になると、『ファイルのバックアップを自動的に実行』が『オン』になり、自動的にバックアップが始まります。

 

 

 

すぐ下の『その他のオプション』をクリックすると、
自動ファイルバックアップの実行間隔、バックアップファイルの保持期間の設定、バックアップ対象にするフォルダの設定、バックアップ先の変更などが行えます。

バックアップ対象になっているフォルダにあるデータしかバックアップはされません。
対象フォルダが多いので、容量に注意しながら、ここで増減してください。

 

バックアップ対象ファイルの復元方法
・ファイルを誤って消してしまったとき 

『コントロールパネル』から『システムとセキュリティ』『ファイル履歴』を選択して、『個人用ファイルの復元』をクリックして開いたウインドウから、復元したいファイルのあるフォルダを選択してください。

 

 

もしくは、復元したいファイルのあるフォルダをエクスプローラで開くと、
『ホームメニュー』の中に『履歴』があるので、そこをクリック。

開いたウインドウから復元したいファイルをクリックして復元ボタンを押すだけです。

 

・誤って上書き保存してしまったファイルの復元方法
誤って上書き保存したファイルを、右クリックしてプロパティを開きます。
開いたウインドウかの、『以前のバージョン』タブをクリック。
開いたメニューから戻したい日時のファイルを、開いて確認して保存したり、指定フォルダに復元してください。

 

こんなに便利で簡単に使える機能が標準で搭載されているのなら、使わないのはもったいない!
パソコンが壊れた時も、バックアップに指定したドライブにファイルのコピーがあるので安心!
また、少し前に大きな話題となっていたランサムウエアによる不正なファイルの書き換え等にも、きちんとデータをバックアップされていれば、被害を少なくできたはずです。
このようにファイルのバックアップは、データの消失やパソコンが故障した時だけに対処するものではなくなっていますので、以前より重要度は増しています。

 

バックアップのご相談や設定、機器の選定などのご相談も承っております。
お気軽に問い合わせください。

 

 

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同心よりお待ちしております♪

投稿者プロフィール

PC ワールド
PC ワールド
【あなたの会社のパソコン係】
刈谷・安城・知立・高浜・碧南・西尾・豊田・岡崎市からすぐの店舗。パソコン整備士が対応。即診断・最短即日修理完了。高い技術力で個人のお客様にも対応。事務・CAD/CAM・デザイン用中古パソコン100台展示。不要パソコン100円買取、廃棄。新品パソコン展示。ネットワークやセキュリティー、クラウドもお任せ。
会社のパソコンなのに、個人用モデル使ってませんか? 業務用パソコンで仕事の効率をアップ。 SSD化したパソコンは本当にサクサク動いてストレスはゼロ! PCワールドは、業務用パソコンで会社業務を徹底的にサポート致します。SSD化したパソコンというと値段が高いと思われるかもしれませんが、PCワールドの「リノベーションパソコン」は違います。