Windows Defender で大丈夫!?

Windows Defender は、Windows 8 以降の Windows に標準で搭載されている無料のウイルス対策ソフトです。
ウイルス、スパイウェア、およびその他のマルウェア (悪意のあるソフトウェア) から保護できます。
以前は、OS標準で搭載されているウイルス対策ソフトではウイルスの検出率が低すぎ、使い物にならない状況でしたが、最近のWindows10 では検出率が上がっており、検査機関や、検査方法、検査時期などにより、結果は変わりますが、それでも有償ソフトと比較しても高い検出率を記録しています。

そこで出てくる疑問は『サードパーティー製のウイルス対策ソフトはもういらないの?』です。

Windows Defenderのメリット・デメリット
・基本的なアンチウイルスや不正なプログラム/挙動のブロック、不正な通信のブロックなど、必要最小限の機能は備えており、性能も高くなっています。
・Winows OSの標準ソフトである為に、必要以上にセキュリティを高くすると使用に問題が出てくる場面が多くなってしまいます。利便性が優先されてセキュリティ面が犠牲になっている面があり、セキュリティを高くするために、設定を別で行わないとセキュリティ機能が有効にならないものもあります。
・ユーザーが何もしなくてもある程度のセキュリティを確保できるように、設定項目も極力少なくなっている為、設定画面やインターフェースはシンプルですが、機能をよく知っていないと使えずに細かい設定もできないので、ユーザーによってはわかり辛くて不親切に見えてしまいます。
・CPUやメモリなどの必要リソースが少なめです。
・最大の利点としては、Windows10の大型アップデート時にトラブルになることが少ないです。
サードパーティ製ソフトだと、大型アップデート後のバージョンに対応していないのにアップデートしてしまうとトラブルになります。このトラブル頻度が高く、致命的なのが多いのも問題です。

サードパーティー製アンチウイルスソフトのメリット・デメリット
・Windows Defenderよりも機能が多く、性能・検出率が高い(とされている。場合による。)
・Windows Defenderよりも基本的には、初期設定のセキュリティが高く設定されている。ただし、そのせいでトラブルになることも。
・インターフェースが洗練されて使いやすいものが多い。設定も細かくできる。
・CPUやメモリなどの必要リソースは多め。
・導入コストがかかり、インストールも必要。
・Windows Defenderより警告が出るの頻度が高い。勝手にブロックしてしまう傾向もある。
・Windows10 大型アップデート時の対応に注意しないと、大きなトラブルになってしまう。
・何かあったときにあきらめがつく?(言い訳になる?かも。)

結局どうしよう。
より高い検出率と高性能で安全性を高め、より高度な機能が必要な場合、有償のサードパーティー製ソフトの導入を検討してください。
また、以前のOS標準のセキュリティソフトが評判が悪く、いまだに世間体が悪いのも事実です。
高い検出率を維持したり、対策スピードや新機能導入の速さも疑問です。
企業のお客様には対外的に標準ソフトでは問題になる場合があると思います。
検出率の高い歴史ある有償のサードパーティー製ソフトは実績も安心感もあります。
この実績や安心感を買うことを検討されるのも、ありな選択だと思います。

検討したいが、よくわからない、導入に困っている場合はお気軽にご相談を!

 

刈谷市、安城市、知立市、高浜市、碧南市、豊田市にお住いのお客様!
スタッフ一同、心よりお待ちしております♪

投稿者プロフィール

PC ワールド
PC ワールド
【あなたの会社のパソコン係】
刈谷・安城・知立・高浜・碧南・西尾・豊田・岡崎市からすぐの店舗。パソコン整備士が対応。即診断・最短即日修理完了。高い技術力で個人のお客様にも対応。事務・CAD/CAM・デザイン用中古パソコン100台展示。不要パソコン100円買取、廃棄。新品パソコン展示。ネットワークやセキュリティー、クラウドもお任せ。
会社のパソコンなのに、個人用モデル使ってませんか? 業務用パソコンで仕事の効率をアップ。 SSD化したパソコンは本当にサクサク動いてストレスはゼロ! PCワールドは、業務用パソコンで会社業務を徹底的にサポート致します。SSD化したパソコンというと値段が高いと思われるかもしれませんが、PCワールドの「リノベーションパソコン」は違います。