Microsoft Azure

Microsoft Azureで出来ること、とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
windows-azure-cloud

Microsoft Azureとは。

Microsoft Azureはマイクロソフトが提供するIAASからレンタルサーバまで幅広く使えるサービスです。マイクロソフトといえばWindowsですが、LinuxでもFreeBSDでも実行できる環境であることもポイントの一つです。Azureでできることは多岐にわたりますが、大きく分けると2つになります。

02-open

Microsoft Azureは本当に様々なことが出来る。

1つはサーバを借りるということ、2つめはサーバ内で実行されるサービスを必要に応じて借りるというサービスです。どちらも他社でも行っているサービス群でありますが、Microsoft Azureの場合は他社には無い魅力が多数あります。

Microsoft Azureはクラウドサービスとして多数のクライアントにサービスしていますが、Microsoft Azureを選ぶ理由としては主に信頼性とビジネスソリューションに直結するサービス群があるからのようです。

overview-RD-familiar-device

Microsoftだから、安全性と安心感が強い。

信頼性については長年WindowsやOFFICEで培われており、ビジネスを止めることなく最適なサービスを24時間使い続けられます。

また、障害復旧も早くなってきており、他社にも負けない信頼性を確保していると好評です。ビジネスソリューションについてもOFFICEを活用した各種サービスとの連携はこれまで実現が難しかった各種ビジネス問題を解決しています。

さらにクラウドサービスであることから利用した分だけの支払いであり、無駄なコストが掛からず、ランニングコストの大幅な削減につながった企業も多いようです。

Amazon-Web-Services-AWS

AzureとAmazonのAWSって似てるものなの?

Microsoft Azureはアマゾン社のAWSと比較されることが多いです。しかし、方向性がかなり異なるので単なるサーバレンタルだけでは比較することは困難です。AWSはサーバ自体を利用する際の最適化が得意です。CPUやメモリ数など細かく設定できるので自社サービスを利用するためのサーバを求める方が多く利用しています。

対してMicrosoft Azureの場合はレンタルサーバ的な使い方もできますが、どちらかと言えばコンピューティング能力よりもサービスを直接借りることに特化しています。サーバ管理者が居ないとか、サービスの開発は避けたいという企業に人気が出ています。どちらのサービスも使う箇所をしっかり考えて選びたいものです。

MicrosoftAzurePartnersExtended_960

Microsoft Azureで出来ること、とは?まとめ

Azureでできることは多岐にわたりますが、利用が増えているのがクライアントOSでもあるWindowsとの協調です。自社で開発したWindowsアプリケーションと連動させることでデータ管理を楽にしたり、各クライアント間の連携を強めています。

また、社内基盤システムをAzureに置き換える企業も増えてきています。自社でWindowsサーバを管理することなく、また、Linuxなども含めてサーバ管理をAzureに任せる企業も多いです。クラウドサービスは稼働率が気になりますが、他社にも負けない信頼性が確保されているのでビジネスのような落ちてはいけない環境でも強さを発揮しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

会社のパソコンなのに、個人用モデル使ってませんか?

業務用パソコンで仕事の効率をアップ。

SSD化したパソコンは本当にサクサク動いてストレスはゼロ!

PCワールドは、業務用パソコンで会社業務を徹底的にサポート致します。SSD化したパソコンというと値段が高いと思われるかもしれませんが、PCワールドの「リノベーションパソコン」は違います。

業務用パソコンを見てみる

コメントを残す

*