Windows10

Microsoft Edgeの魅力ってどんなこと?具体的な5つのポイントを紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A2_600x350_649

windows10に新たに搭載されたMicrosoft Edgeですが、それは、今までのブラウザであるInternet Expiorerの代わりではありません。Internet Expiorerとは全く違う魅力を持っています。Internet Expiorerにはなかった機能が一番の魅力です。そこでEdgeの魅力を知っておくと便利です。

Web上で文字を書くことができるようになった。

Edge-1

1つ目は、Web上のページに文字や絵を描いたりできるようになりました。「後で読む」とか「ここが大切」というメモ書きができたり、下線を引いたり、絵やマークを書き込むことができます。それは今までのInternet Expiorerにはなかった魅力です。その結果、ウェブの閲覧も本を読むときのように便利になりました。

リーディングモード(読む専用モード)が搭載。

※リーディングモード

Edge-2

通常モード

Edge-3

2つ目は、リーディングモードの搭載です。リーディングモードとは、読むために不用な画像や広告、メニューなどを非表示にして、記事だけを表示してくれるモードです。今までwebを読むときに、画像やら広告やらでとても読みにくかった記事がスッキリして、読みやすくなります。web広告がますます多くなる時代に、webを読みやすくするとても魅力的な機能です。

procedure_13

音声アシスト機能のコルタナ搭載

3つ目は、Edge を音声アシスタントの「コルタナ」がサポートしてくれます。コルタナとは、windows10から新たに搭載された音声アシスタントです。そのコルタナに向かって、「コルタナさん、これこれを調べて」と話しかけると、それに該当したページをコルタナが自動で検索してくれたり、天気予報や簡単なことならその場でしゃべって答えてくれます。これにより、煩わしいキーボードの入力をしなくてもよいだけでなく、本来の仕事で両手がふさがっている時にも、検索をしてくれますので、仕事がはかどります。

ブラウザを問わない拡張機能

4つ目のは、ブラウザを問わない拡張機能が魅力です。例えば、ChromeやFirefoxのアドオンなどで、よい機能があれば、それを加工すれば、Microsoft Edgeにも使えるようなったために、これからは、それぞれの他のブラウザの便利な機能がEdgeでも使い放題になります。つまり良いとこ取りができてますます便利にカスタマイズすることができます。

EdgeHTMLで高速に!

最後の5番目は、何と言っても速くなりました。それというのは、Microsoftが新たに開発した新型エンジン「EdgeHTML」を使って、JavaScriptの処理能力が向上させ、最近のタブレットやスマホなどに使われているHTML5をすらすら実行します。つまり、軽くなったということです。これらの新機能がMicrosoft Edgeの魅力です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*