パソコンの知識

パソコンのショートカット全集:初級編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keyboard-886462_1280

パソコンは今やビジネスにおいても日常生活においても必須アイテムですが、より便利に使用する方法はいくつもあります。パソコンは必須アイテムと書いておいて矛盾するのですが、最近はスマホやタブレットによる影響で、若者を中心にパソコン離れが進んでいます。

technology-791029_1280

ショートカットキーでスピードアップ!

しかし、パソコンにはプログラミングをはじめ、各種ソフトなどスマホやタブレットにはない利便性が多々存在します。単純な文字入力にしても、タッチタイピングを習得すれば、スマホやタブレットの文字のスライド入力よりも圧倒的に速いです。

またパソコンはショートカットキーを使いこなすことも利便性と処理速度を大幅に高めます。
基本的なものからあまり知られていない裏技的なものまでショートカットキーは存在しますが、基本的なものから徐々に使っていくと良いです。

普通にパソコンを使っているだけだとなかなかショートカットキーを覚える機会もないので、意識的に取り入れる必要があります。何事も工夫をすることで効率化を図ることができますが、パソコンにおけるショートカットキーは一番手っ取り早く効率化できるものです。

keyboard-824309_1280

具体的なショートカットをご紹介

では、具体的にどういったものがあるか紹介します。ちなみに、今回紹介するのはWindowsのものですが、Macのキーボードも似ているのでWindowsのものを知っておけば応用が効きます。Macの場合は基本的には、CtrlをCommandに置き換えてご利用ください。

まずもっとも基本的なものが以下です。

  • Ctrl+A→表示されてる文字やファイルやフォルダをすべて選する
  •  

  • Ctrl+C→ドラッグしたものをコピーする
  •  

  • Ctrl+V→コピーしたものを貼り付ける
  •  

  • Ctrl+F→ファイル内の文字検索ウィンドウを開く
  •  

  • Ctrl+X→カット(切り取り)が出来る
  •  

  • Ctrl+Z→アンドゥ(取り消し)が出来る/カーソルの後ろの文字を1行削除
  •  

  • Ctrl+Alt+Delet→タスクマネージャーの表示
  •  

  • Esc→作業の中断や元に戻す
  •  

  • PrintScreen→表示している画面を画像(クリップボード)として保存
  •  

  • Tab→ウィンドウ画面の項目・選択肢の移動
  •  

  • Windowsキー→スタートメニューを開く
  •  

  • Page UP→開いているウィンドウの上へのスクロールさせる
  •  

  • Page Down→開いているウィンドウの下へのスクロールさせる
  •  

  • このあたりは基本的なものなので知っている人も多いと思います。
  •  

    続いて、少しマニアックだけれども知っていると便利なものです。

     

  • Windowsキー+D→開いている全てのウィンドウの最小化・復元
  •  

  • Windowsキー+E→スタートメニューにあるマイコンピューターを開く
  •  

  • Windowsキー+L→ログオフをする
  • keyboard-311803_1280

    パソコンのショートカット全集:初級編まとめ

    いかがでしたでしょうか。知っているものが多かった方は、すでに作業効率も高そうですね。知らなかった方は、ぜひこの機会に覚えてみてください。私自身も調べていて知らなかったものがいくつかありましたので、活用していこうと思います。他にも数えきれないほどのショートカットキーがあるのですが、上にあげたようなものは最低限知っておくと便利なものです。

    キーをまとめているサイトも探せばいっぱいあるのですが、多すぎて逆にどれを覚えておけば良いかよくわからなくなると思います。なので、すべて覚えようとするのではなく、最低限知っておいて、あとはその都度実現したいショートカットキーを調べるのが良い方法です。PCワールドでも引き続き調べてお伝えしますね。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    業務用パソコンなら、PCワールドへ相談!

    会社のパソコンなのに、個人用モデル使ってませんか?

    業務用パソコンで仕事の効率をアップ。

    SSD化したパソコンは本当にサクサク動いてストレスはゼロ!

    PCワールドは、業務用パソコンで会社業務を徹底的にサポート致します。SSD化したパソコンというと値段が高いと思われるかもしれませんが、PCワールドの「リノベーションパソコン」は違います。

    業務用パソコンを見てみる

    コメントを残す

    *