SSD化

SSDのデフラグは本当に効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
K0000826755

SSD デフラグについてはいくつかの噂が出てくることが多く、ハードディスクとの違いもあってデフラグを迷う方が多いようです。そもそもでデフラグとはハードディスクを効率よく利用するためにデータを整理することです。ランダムにアクセスできるSSDには必要ないという意見も多いです。

今回は、SSDのデフラグは本当に効果があるのかを検証していきます。

SSDのデフラグは効果あります。

いきなり、結論になってしまいますが、SSDでもデフラグは効果があり、できるなら専用のSSD デフラグツールで行うことが大事です。

PAK135151342_TP_V

SSD用デフラグツールとHDD用デフラグツールの違い

SSD デフラグツールとハードディスク向けのデフラグツールの一番の違いはSSDのデータのやり取りに特化していることです。Windowsに搭載されているデフラグツールはハードディスク用であり、SSD デフラグ効果は期待できないのです。理由としてはハードディスクがデータを上書きできるのに対し、SSDはデータを消去してから書き込むことしか出来ないからです。しかも、データの書き換えは手間がとても多く、大量に行えばSSD自体の寿命が縮むとも言われてきました。そのため、デフラグはSSDにはやってはいけないと噂がたっているのです。しかし、SSD デフラグツールを利用することでSSDにも効果が期待できるデフラグが可能となります。

SSD用デフラグツールではデータの書き換えをSSDに合わす。

SSD用のデフラグではデータの書き換えをSSDに合わせてくれています。そもそもSSDはデータの書き換えの際、ブロックごとに削除してデータの塊であるページを書き込みます。ブロックとはページの塊であり、各SSDメーカーによってサイズが異なります。特にブロックについてはSSDの空き容量が少ないとできなくなることもあり、ハードディスクとは違う性質があります。ハードディスクの場合はページ単位でやりとりしますので容量が少なくても可能なのです。そのため、SSDは容量が少なくなった場合はデフラグを中止させることも必要ですが、ハードディスク向けのデフラグツールは対応していないので問題が発生しやすいとも言われています。

office-1094826_1280

SSDのデフラグは空き容量が増える。

SSD デフラグ効果はハードディスクに対してのデフラグ効果よりも少ない場合が多いですが、空き容量を増やす意味では効果がとても大きいです。特にブロックサイズが大きめに取られることが多い容量が大きなSSDでは空き容量があるうちにデフラグをかけることは重要です。また、速度面ではランダムアクセスがSSDは早いですから問題とならない場合が多いですが、大容量化してきていますので効果が大きく出てくるケースが増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*