Windows10

Windows10にするとパソコンの速度は早くなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
overview-RD-familiar-device

Windows10は7や8、8.1のOSを使用していた人なら無償でアップデートできることから、乗り換えた人も多いかもしれませんが、インストールできたからといって快適に動作するとは限りません。

windows7-laptop

最小システム要件はWindows7と大きな差はない。

旧世代で動いていたシステムも、新しいOSではサポート対象外となっていることも多く、音が出なくなった、ネットが遅くなったという人もいるようです。ただ、Windows10では従来のOSからブラッシュアップをかけてコンパクトにまとめられているためか、動作するための最小システム要件はWindows7と同じ程度のものとなっています。

ちょっと古いパソコンほどWindows10で早くなるかも?

CPUなら1GHz以上、メモリは1GBまたは2GB、グラフィックもDirectX9以上であれば問題ないとして、多少古いマシンであっても動かすことが可能です。気になる速度ですが、実は古いパソコンほど速度の恩恵が強く出るとされ、例えばデュアルコアのCPUを使用していた場合、そのマルチコアによって起動時の処理が最適化されて立ち上がりが早くなるようです。最近のパソコンではCPUパワーが十分に発揮されるため、OSが多少最適化されたとしてもそれほど実感出来るものではありません。

しかし、CPUパワーがあまりないようなパソコンでは、その恩恵が効率良く発揮されることになります。Windows10 早いといった噂が流れるのは、昔から同じパソコンを使用している人で、OSのインストールによって無駄なアプリが消え、単純なデフラグ効果と共に発揮されることから起動時間が短縮されたことが実感できます。

8-Start1

Windows10自体は早くなっている。

Windows10 速度は基本的に速くなっているので、動作自体は軽快なのですが、元々マシンスペックが低いため、アプリケーションの起動ひとつでもかなりの時間を要するようです。また、古いパソコンではWindows10が自動的に動作対象外のパーツに対して、最適なドライバーをインストールするようになっていますが、速度を高めるようなドライバーではないので、そのまま使用すると以前利用していたOS以上に動作がもたつくことがあります。

最適だから速度が速くなるというわけではないので、速度を重視するのであればドライバーを自分で入れ直す必要があります。また、Windows10はメモリの管理が強力になっていて、起動直後の常時使用される容量は1GB程度で済むようになっています。使用されていない部分の開放が素早く、常に最小の容量で済むようになっているので、メモリ容量が少ないマシンほど恩恵が受けやすくなっているようです。全てがその限りではありませんが、1~2世代ほど古いマシンであれば大抵は速くなる傾向にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*